BitZeny

モナバー(MONA BAR TOKYO)でBitZeny決済一番乗り、高円寺に行ってきたで!

おう、ワシや。まんぷくおじさんや。

 

まんぷく
まんぷく
今日は高円寺の仮想通貨バー、モナバーさんを紹介するで!

 





個人スポンサーカジノの国のアリス様



東京高円寺に7月オープンしたモナバーとは

 

JR中央線、高円寺駅「南口」から徒歩3分、

商店街のアーケード内にある、仮想通貨決済のできるバーや。

 

お店は階段を上がった二階にあるけど、

デーンと「モナー」(2chのキャラクター)の看板があるからすぐにわかるで。

 

 

席数は20席くらい?

カウンターとテーブル席があるんやけど、

複数人で行くときは、テーブル席の予約をしていったほうがええかもな!

 

看板や店内は、モナコインのイメージを強く出されているバーで、

オープン時にはモナコイナー(仮想通貨モナコインで遊ぶ方たち)が多数来られたらしい。

飲み物、食べ物のメニューも豊富で美味しい、オススメの場所やで!

 

モナバーのメニュー

 

そのほかにも多彩なメニューがあるけど、価格帯はざっくり言うとこんな感じや(全て税抜き)。

 

 

チャージ:500円

ソフトドリンク:600円

カクテル:800円

おつまみ:500円

ご飯物:800〜1500円

※スペシャルメニューは上記の限りではあらへんで

(モナビール1200円、モナオーレ1000円、モナサンド800円など)

 

これがモナバーの「グリンカレー」や!

 

 

野菜やお肉がゴロゴロ、シャバシャバ系のグリンカレー(1000円)がワシのオススメ!

しっかり辛いから、辛いのが好きな人にはええと思うで!

ぱっと見以上にボリュームもあり、満足できたわ〜

ライスの上にモナーがあしらわれているのも可愛いな!

 

モナバーの感想・オススメポイント

 

なんと言うても「仮想通貨が使えるカジュアルなバー」というところがポイントちゃうかな。

 

2018年8月現在、5種類の仮想通貨が使えるんや。

 

  • MONA(モナコイン)
  • BitZeny(ビットゼニー)
  • XEM(ネム)
  • XRP(リップル)
  • NANJ(なんJ)
  •  

    ドリンクを頼むともらえるモナチップ(持ち帰り不可で、スマホにアプリで保管する)

    を集めると、ステッカーのほか、オリジナルシャツももらえるから楽しいで!

     

    ↑モナチップ3枚でBitZenyステッカーをゲット

    モナバーの口コミ

     

     

    モナバーのアクセス・営業時間など

     

    JR中央線高円寺駅「南口」徒歩3分

    住所:東京都杉並区高円寺南3ー58ー29

    営業時間:20:00〜24:00(ラストオーダー23:30)

    ※お昼の部(12:00〜17:00)はMUSTANG TOKYOというホットサンドカフェで営業

    定休日:水・木曜日

     

     

    ↓MONA BAR TOKYO 公式サイト↓

     

     

    ↓MUSTANG TOKYO↓

    MUSTANG TOKYO
    ジャンル:カフェ
    アクセス:JR中央本線(東京-塩尻)高円寺駅南口 徒歩3分
    住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-58-29 第2後藤ビル2F(地図
    周辺のお店:ぐるなびぐるなび 高円寺×カフェ
    情報掲載日:2018年8月12日

     

    まとめ

     

    店内はモナコインのテイストが満載で、仮想通貨ファンなら楽しめるのでは!

     

    飲み物も食べ物も全部美味しいし、ボリュームも満足。

     

    それでBitZeny決済もできるから、BitZenyホルダーには特におすすめするで!

     

    まんぷく
    まんぷく
    BitZenyホルダーで行ってみたい方は気軽に声かけてや!

    ほんなら、またな!

     

     

    モナバーさんにお邪魔した当日の様子はこちら