BitZeny【開発】

BitZenyアンケートの結果、ハードフォーク(HF)は当面なしとなったで!

スポンサーリンク





スポンサーリンク

BitZenyでお買取「中古じゃぱん」様
個人スポンサー中古じゃぱん様



スポンサーリンク

「カジノの国のアリス様」
個人スポンサーカジノの国のアリス様

 
おう、ワシや。まんぷくおじさんや。
 

まんぷく
まんぷく
今日はBitZenyのアンケート結果を報告するで!

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク

マイニングプール「macyan.net」様
個人スポンサーmacyan.net-MiningPool様



GitHubでアンケートがとられていた

 

以前にもアルゴリズム変更を伴うハードフォーク(HF)の議論はされていたけど、

(結果は継続、BitZeny3.0がBitZeny Plusになることは決まった)

あれから時間も経ったし、新しいアルゴリズム候補(YesPoWer)が出てきたから、

再度アンケートになったんやな。

 
 



 

焦点はハードフォークするかどうか

 

上で書いた新しいアルゴリズム、YesPoWerはバージョンが0.5と1.0があって

0.5は現在 BitZenyで採用されとるyescryptoと互換性があるんや。
 
せやけど、最新バージョンの1.0はyescryptoと互換性があらへん。
 
今回のアンケートでは、YesPoWer1.0を採用してハードフォークするかどうか、

が焦点やったと言えるやろう。

 

↓↓議論を見てみる↓↓
 

 

 

結論は継続審議・現状維持

 

今回は賛成・反対が拮抗しているということで、

YesPoWer1.0の採用(およびハードフォーク)は見送られたんや。

(今回ワシはあえて意思表示せず)
 

もしYesPoWer1.0を体験してみたい方がいたら、

最近リリースされたBELL COINをのぞいてみたらええんちゃうかな?

 

 

まとめ 参加できる国産仮想通貨BitZenyはイイぞ

 

常々ワシは言うとるけど、上記の議論は「全て日本語で」行われたんや。

しかも開発者だけでなく、ホルダーも日本語で議論に参加して、

結局20人以上が議論に参加できたんや。

 

なかなかこんなコインはないんちゃうかな?

この記事を読んどるあなたも、

ぜひ機会を見つけてBitZenyの議論に参加してみてや!

 

おまけ ちょっと豆知識

 

「YesPoWer」の綴りは、YとOとWが大文字なんやで! 
なんでかいうと、PoW(Ploof of Work)からきとるんやな。

 

まんぷく
まんぷく
ひとつ勉強になったな。ほんなら、またな!
スポンサーリンク

国産仮想通貨「Bellcoin【公式】」様
スポンサーBellCoin公式



スポンサーリンク

ひたすらお金のブログ「ひた金」様
個人スポンサー神沼様